専門店が考えるled ワーク ライトの用途別おすすめ商品をご紹介

ledワークライト 用途別おすすめ表

奈奥特さん
ledワークライトって色々あってどれが良いのかよく分からないんだよねー。間違った物を買いたくないから情報をまとめて貰えないかな?
NLAセレクト
仰る通りですね。ledワークライトを初めてご購入される場合や、今のお使いのワークライトが本当に最適なのか分かりにくいかと思います。
NLAセレクト
今回のブログ記事にledワークライトの用途別おすすめ商品情報をまとめましたのでご参考にして頂けたら幸いです。
ledワークライトですが、48w・27w・18wなど複数の種類が用意されており、見た目や明るさ・商品によっては特殊な機能(NLAセレクトで扱っている「ノイズが発生しない作業灯」)なども御座います。

その為、商品をお選びになる段階でどの様な商品なのか把握しておかないと、

ラジオとledワークライトを併用する場所でledワークライト点灯時にノイズが発生
船舶にledワークライトを設置した途端に魚群探知機が誤作動を起こした
トレーラーのタイヤ灯にワークライトを設置したけど、眩しすぎて横のドライバーに怒鳴られた

と言ったトラブルに繋がる可能性も御座います。

そこでNLAセレクトではお客様のledワークライトの設置情報を整理し、これから設置をお考えのあなたに最適なワークライトをお選び頂ける様に情報をまとめましたので、ご参考にして頂けたら幸いです。

led ワークライト(作業灯)とは?

ledワークライトに関してですが、「led作業灯」と呼ばれる商品を指す事が多いですが、場合によっては「仕事用のライト」と言う意味合いでled投光器や、マグネット式のledライト等も含めた形で紹介される場合も御座います。

それぞれの商品に関してですが主にライトを点灯する為の電源が異なっており、明るさに関しても異なっております。

こちらに関してのイメージが沸かない場合ですが、led商品ごとの電源と明るさをまとめた記事を作成致しましたので、そちらの記事をご覧頂けたら幸いです↓↓

夜間照明に最適なled商品を一覧表に仕分けしてみました

2017.10.11

NLAセレクトでは「ledワークライト=作業灯」として商品を扱っており、商品をご利用頂ける電圧は12ボルトから24ボルトとなっております。

また、一部の商品に関してはお客様の利便性を考えて、10ボルトから70ボルトまでご利用頂ける様に対応電圧の幅を引き上げております。

NLAセレクト
10ボルトから70ボルトまで対応しているledワークライトですが
・18wタイプ
・27wタイプ
・36wタイプ
・48wタイプ
の4種類となっております。
注意
ledワークライトが対応していない電圧で通電を行った場合、ワークライトがショートしてしまい、爆発やレンズ部分の破裂と言った危険性も御座いますのでご家庭用の100ボルト電源での通電は絶対に行わない様にして下さい。

初めてのLED作業灯購入後に起こりがちな5つのトラブルをまとめました

2016.05.29

また、家庭用電源の100ボルトにて照明の点灯をお考えの場合には「led投光器」のご使用をご検討頂けたらと思います↓↓

LED投光器の屋外での用途別使用事例6つをまとめてみました

2015.12.13

led ワークライトのご利用シーンに関して

ledワークライトのご利用に関してですが用途別にどの様な商品が最適かNLAセレクトのお客様のご使用事例を元に一覧表にまとまてみました。

ledワークライト用途別一覧表

ledワークライトのご使用用途に合わせた商品一覧表になります。

ledワークライトの無線機器との併用にご注意ください

奈奥特さん
この表をみて、自分に合ったledワークライトがどれなのか何となくイメージできたわー。たださー、この色分けってなに?
NLAセレクト
ledワークライトをご利用頂く場合ですが、【ノイズの発生】と言うのが大きな問題点として挙げられます。
NLAセレクト
こちらの問題は全てのお客様に発生するわけでは御座いませんが、実際にノイズが発生するとお仕事がスムーズに行えなくなる事が多々御座いますので特にご注頂けたらと思います。
奈奥特さん
そうなんだー、ちなみにだけど、一覧表のピンク色に書かれている作業灯はノイズが発生しないって事なの?
NLAセレクト
はい、こちらの商品に関しては当店独自にノイズが発生しない様に改良を行ったledワークライトとなります。それなのでご使用機器のノイズを抑えたい場合には、これらの商品のご使用が宜しいかと思います。

NLAセレクトではledワークライトをご利用頂いておりますお客様からのご意見を元に、作業をされる際にワークライトと無線機器等を併用した際に発生する可能性が有る「ノイズ」の問題を解消すべく、ledワークライトの独自改良を行っております。

補足
無線機器に関してですが、ラジオやトラックや船舶などの無線・魚群探知機・クレーン車などのラジコンなどを一括りに無線機器として表現させて頂いております。

27w作業灯(四角)でもノイズを気にせずご利用可能になりました

2016.08.07

led ワークライトの用途別ご利用時のチェックポイントに関して

先程ですが、用途別おすすめのledワークライトを一覧表にてご紹介致しましたが、ここでは各ご使用用途ごとにもう少し詳しくご紹介致します。

重機でledワークライトをご使用される際に関して

ホイールローダーやクレーン車などの重機でのledワークライトのご使用に関してですが、特に重要になってくるのはワークライトの明るさになってくるかと思います。

こちらの明るさを最優先にledワークライトを考えた場合ですが48wタイプ・36wタイプ・27wタイプと言った物が最適になってきます。

NLAセレクトのお客様の重機へのledワークライト設置事例に関してもご紹介しておりますので、こちらもご参考にして頂けたらと思います↓↓

ホイールローダーの夜間作業(除雪)で大活躍!ノイズも出ないライトとは?

2016.10.19

クレーンの夜間作業をサポート!LED作業灯活用事例のご紹介

2016.01.08

トラクターの作業灯をLEDに交換して夜間の農作業の効率UPをしませんか?

2016.06.07

また、冬場に除雪機をご使用の場合ですが、吹雪の際などは白い光だと雪に反射してしまい、かえって作業が行いにくくなってしまうと言った場合には、ledワークライトの光を黄色く見せるレンズや、黄色い光のワークライトと言うのも御座いますので、ご使用用途に合わせて使い分けて頂けたらと思います。

LED作業灯レンズ装着時写真

LED作業灯に黄色い作業灯用レンズを装着した際の写真です。

48w作業灯(イエロー点灯写真)

黄色い光の48w作業灯を実際に点灯させた際の写真です。
暖色系の黄色い光となっております。

吹雪の際にも役立つ「黄色い光の作業灯」で乱反射を軽減!

2017.03.11

トラック等の荷台でledワークライトをご使用される際に関して

トラック(軽トラック)の荷台でのledワークライトのご使用に関してですが、あなたがご使用になっているトラックの大きさやにより最適な商品が異なって参ります。

ダンプの荷台などにワークライトを設置される場合は明るさ重視の48wタイプが最適になりますが、軽トラックの荷台にワークライトを設置される場合は48wタイプよりも27wタイプをおすすめしております。
(軽トラックで27wワークライトでは光量が足りないという場合には48w1個よりも27w2個を設置されるお客様の方が多いです)

逆に最低限の明るさのみ有れば良いという事でしたら、15wワークライトをご使用になるというのも宜しいかと思います。

NLAセレクトのお客様のトラック荷台へのledワークライト設置事例に関してもご紹介しておりますので、こちらもご参考にして頂けたらと思います↓↓

軽トラック荷台(鳥居)に作業灯を設置して夜間業務の効率UP【事例紹介】

2015.09.04

漁船や船舶でledワークライトをご使用される際に関して

漁船や船舶てledワークライトをご使用になる場合ですが、他のご利用シーンには無い、錆びに関する問題が発生します。また、漁業無線や魚群探知機など他のご利用シーンよりもノイズに対しての対策を行っておく必要が御座います。

錆びに関する問題ですが、具体的にワークライトを固定する為のステンレス製のステーの材質により、錆びやすい物等が有り、早い物ですと1カ月程で錆だらけになってしまう可能性も御座います。

作業灯 ステー錆び写真

海で作業灯を使用していて錆びてしまった取付ステーの写真です

錆の問題に関しては錆びに強いステンレス(SUS316)のステーをご使用頂くというのが一番の簡単に問題を解決できる方法となっております。

船舶用 ledライト選定で失敗しない為の注意点と4つのおすすめ用品とは?

2016.03.05

また、船舶でのledワークライト設置に関してですが、「ledワークライトの設置が難しいけれど、照明が欲しい」と言う箇所におすすめなのがLEDテープライトと呼ばれる商品です。

こちらのLEDテープライトですが、防水仕様で無線機器等に影響を与えるノイズの心配も御座いませんのでLEDテープライトと使い分けてご活用頂けたらと思います。

船の照明として役立つLED商品と活用事例6つのご紹介

2017.11.09

バックライトとしてledワークライトをご使用される際に関して

バックライトとしてのledワークライトの設置をお考えの場合ですが、お車をバックさせる際の補助照明としてのご利用になるかと思います。

この様なシーンの場合は明るさよりもワークライトの設置スペースの方が重要になってくるかと思います。その為、縦幅がコンパクトに抑えられている18wタイプや奥行きが殆ど無い15wタイプでも問題無いかと思います。

ただ、ダンプなどの大型車両でのバックライトですと、明るさも必要になってくるかと思いますので27wタイプや状況によっては48wタイプでも宜しいかと思います。

ダンプに作業灯を設置してノイズでお悩みの方の問題解消法とは?

2017.09.21

路肩灯・タイヤ灯としてledワークライトをご使用される際に関して

路肩灯やタイヤ灯としてのledワークライトの設置に関してですが、この部分へのライトの設置で強力な明りの物を取付けてしまうと、走行中のライトの消灯を万が一忘れた場合、ライトの光により周囲の車の視界を奪ってしまう恐れが有ります。

その為、必要以上に明るい物は設置せずに照射範囲に関しても周囲の車の事を考えた角度を注意して頂けたらと思います。

折り曲げたりする事も可能なテープライトや奥行きがコンパクトになっている18wタイプのワークライト等が特に使い勝手が良い商品となっており、路肩灯・タイヤ灯照明としてNLAセレクトでおすすめしております。

路肩灯・タイヤ灯としてのledワークライトの設置事例に関してのですが以下の記事にて詳しく紹介しておりますのでご参考にして頂けたら幸いです↓↓

路肩灯・タイヤ灯として活躍!LED作業灯をトレーラーに設置しました

2016.10.06

まとめ

今回ですがledワークライトに関してご使用シーン別にどの様な商品が最適かご紹介して参りました。

特にこれからledワークライトを設置されると言うあなたはご使用機器での無線のご使用に関して注意しておく事で、トラブルが起きる事無くワークライトのご使用ができますので今回の一覧表をご参考にして頂きながらあなた有ったledワークライトをお選び頂けたらと思います。

NLAセレクトで取り扱っているLED作業灯と投光器の一覧表のページになります。
あなたに最適なライトを直ぐにお探し頂けます↓↓


ブログトップ