安全な18650電池を購入する為に必要な3つの確認事項とは?

eyecatch_18650_2

寝ている間に電池が爆発して家が火事になる

知らずに模造品や違法品を買ってしまったがゆえにそんな悪夢が実際に起き得るのが「18650電池」です。

18650電池は強い電圧を持つなどの多くのメリットを持つ一方で安全に使える商品を選ばないといけない少し難しい製品です。

安全な18650電池を選ぶポイントは『PSEマーク・保護回路・容量mA』

本稿で、便利な18650電池を安心して購入する方法をご紹介いたします。

Contents

安全な18650電池とは

1_safe18650
18650電池は小さいサイズで大きな電圧を流すことが可能なため、用途としては、LEDライトや懐中電灯、モバイルバッテリーなどに使われています。

安全な18650電池をお選びいただくために、18650電池とはどういったものなのか、標準的な仕様や用途、メリット・デメリットをご紹介いたします。

18650電池の標準的な仕様

18650電池は、リチウムイオン二次電池の一種の規格です。通常は、電池本体(セル)に保護回路を搭載しており、67〜69ミリの長さになります。

電池の電圧は3.7V、容量は2500〜3500mAが主流です。電池の容量を高めために高い技術が必要で、世界的に高品質で需要のあるパナソニック製の最新モデルでも3600mAhとなっています。

安全な18650電池をお選びいただく上で知っておくべき2つの重要なパーツである「セル」と「保護回路」についてご紹介いたします。

18650電池のセルとは

panasonic_lowsell

18650電池の品質に大きく影響するのがこちらの「セル」と呼ばれる電池本体となるパーツです。パナソニックやSANYO、サムスンなどの他に中国でも生産を行っております。スマートフォンの充電に使うモバイルチャージャー等にも使用されています。

容量が高く、品質も安定している事からパナソニック製のセルが世界的に需要があります。通常はこちらの状態のセルに、次にご説明をする「保護回路」を搭載してからの販売がされます。

18650電池の保護回路とは

panasonic・3_hogokairotsuki

保護回路と言われてもピンと来ないかもしれません。こちらの保護回路ですが18650電池をご使用になる上で「事故を防ぐ為の安全装置」と言った物になります。

具体的に保護回路が果たす役割は以下になります。

1.電池の上限電圧4.35vを管理・コントロールして電池の過充電を防ぐ役割
2.電池の下限電圧2.5vを管理・コントロールして電池の放電過ぎるを防ぐ役割
3.最大電流3.4Ahを管理・コントロールして充電・放電する際に電流が大きすぎて電芯が破損する事を防止する役割
4.電池がショートすることを防ぐ役割

保護回路が起動する電圧や電流値は製造メーカーや電池ごとに数値が異なります。

18650電池のメリット

18650電池のメリットとしては、以下の4点があります。

1. 充電ができる
2. 長時間の利用が可能
3. 高い電圧
4. メモリー効果がない

18650電池のメリット① 充電ができる

リチウムイオン電池として充電が可能で、500回以上の充放電サイクルに耐えられます。

18650電池のメリット② 長時間の利用が可能

18650電池は、充電しておけば1か月後でも80%の容量をキープする事ができ、使い方によっては非常用の電源として活用も出来ます。

18650電池のメリット③ 高い電圧

公称電圧は3.7Vで、これはいわゆる乾電池(1.5 V)の2.5倍の電圧を持っているため、小さいサイズで大きな電圧を発することができます。

18650電池のメリット④ メモリー効果がない

メモリー効果というのは、充電と放電を繰り返す中で電池の容量が減ってしまう現象を指します。18650電池ではそれが発生しないため長持ちします

18650電池のデメリット

18650電池のデメリットはです。

1. 違法品が販売されている
2. 発火・爆破のリスクがある

18650電池のデメリット① 違法品が販売さている

発火や爆発を防ぐ為の対策が十分に施されていない電池や、容量を過大に偽って表記した電池など違法商品が流通しており、簡単に入手できてしまいます。

18650電池のデメリット② 発火・爆破のリスクがある

通常は保護回路が装着されて販売されていますが、玄人向けに「生セル」と言われる保護回路のない商品も販売されています。取り扱いを理解していない人が誤った扱い方をすると発火や爆破の可能性があり非常に危険です。

18650電池(保護回路が搭載されていない生セル)の発火テスト動画

リチウム電池なのでエネループなどの乾電池と比較すると一度に大容量の電力が供給できる反面、発火や爆発と言う危険性もあります。

NLAセレクトが生産している電池の工場でリチウム電池がどの様にして発火するのかテストした際の動画です。電池周辺の温度を高くして自然発火する様子をご確認頂けます。

例えば以下の場合などで発熱による発火が考えられます。

・充電器で18650電池を充電する際の異常発熱から発火
・お使いの機器でインバーターにて電池の出力をコントロールし、電池のスペックを超えた状態でのご使用

18650電池に保護回路が搭載されている事で、この様なトラブルを防ぐことができるのです。

安全な18650電池を購入するための3つの確認事項

18650battery・4_3points

18650電池をお使い頂く際に電池のトラブルによってケガなどをしないために、電気用品安全法と言う法律で決められた検査規格があります。

18650電池の確認事項①PSEマーク

18650・5_pse

18650電池に記載が必要なPSEマークとは

18650電池は、使い方を誤ると「発火や爆発」と言った非常に危険なトラブルがある商品です。そのため、電気用品安全法の別表第9に記載されたリチウム電池の技術適合検査を行う必要があります。

この検査をクリアした場合のみ、「PSE」の表記を18650電池に記載することができます。しかし、「PSE」のマークの表記に関しては販売する業者や製造工場が自主的に表記するため、検査を行わずにPSEマークを表記すると言った悪質な業者もいるので注意が必要です。

18650電池のPSEマークが本物かを確認する方法

製造元のメーカーが自社で行った検査記録か、第三者検査機関での検査記録の閲覧を依頼し、確認する方法があります。

実際、別表第9の検査内容は高度ため、一定の規模がある企業でなければ自社で全ての検査を行うことが難しいと考えています。

18650電池のPSEマークが偽装されている可能性をチェックする方法

18650電池の購入にあたって、検査記録の閲覧を依頼することはあまり現実的ではないため、購入後に以下の観点で違和感がないかを確認することをお勧めいたします。

チェックするべきポイントは「電池の長さ」です。

電池の長さが65ミリにも関わらずPSEマークの表記がる場合、保護回路が無い生セルの状態であり、技術適合検査に合格している可能性が非常に低いと推定できます。

参考までに、高品質という事から世界的に需要の有るパナソニック製の生セルでさえ、生セル単体では技術適合検査に合格ができず保護回路を装着する必要がある、ということが現実なのです。

18650電池の確認事項②保護回路

18650・6_hogokairo

18650電池の長さが保護回路の有無の見分ける方法

18650電池が65ミリの場合、保護回路が搭載されていない生セル状態で「あくまで18650電池を構成するパーツの一つ」だと言えます。

保護回路の有無は、PSEマークの確認方法で記載したように電池の長さをチェックするのが最もわかりやすい方法です。以下、生セルと18650電池の特徴の比較になります。

18650・7_hikaku_namaseru

65ミリの18650電池(生セル)は、保護回路を搭載していない18650電池であり、電気用品安全法の別表第9・PSEマークの技術適合基準を満たす事が出来ない商品と言えます。

生セルと保護回路の搭載された18650電池の違いが分からず、生セルを取り扱ってしまうことで事故に繋がる可能性が非常に高いため、内蔵された18650電池の無理な交換は行わない事をお勧めします。

注意
ヘッドライトやLED懐中電灯用としてアマゾン等で販売されている18650電池が、保護回路の搭載されていない生セルというケースがございました。
生セルの取り扱いを理解されて、保護回路の無い製品を購入されるのであれば問題ないのですが、基本的に一般の方が自身で生セルを購入し利用されることは非常に危険です。ご購入の際は、十分注意してお選びください。

18650電池の確認事項③容量mA

電池の容量が3600mAh以上のものは、虚偽表記の可能性が高い商品だと考えてください。

18650電池のサイズで高容量となると高度な技術が必要となり、製造できるメーカーはパナソニックなど一部の企業に限られます。そのパナソニックのセルが容量は、最新モデルでも3600mAhとなっており、これ以上の数字はデタラメである可能性が非常に高いのです。

ネット上では5000mAhや6000mAhなどと、大容量を謳う18650電池が販売されていますが、こういったものは疑ってかかった方がトラブルを避けられます。

実際に、高容量の18650電池を謳う業者には使用しているセルのメーカーと型番を確認する事で本当に記述通りの容量があるか確認することが可能です。

念の為、モバイルチャージャーなどでは10000mAhといったものも販売されておりますが、複数の電池を使って組み合わせて大容量のバッテリーを構成しているため、大きな数字になります。

18650電池、1本単体で3600mAh以上かどうか、というのが今回の確認すべきポイントになります。

18650電池は安さで選ぶ商品ではない

18650電池を購入するときに、安さを理由に購入することは辞めた方がいいと断言できます。安いという理由で手にするのは、少額の金額差に似合わない発火や爆破と言った大きなリスクなのです。

PSEマークや容量mAhを偽装して販売する違法品もあるような商品なので、価格の安さに気を引かれることなく、先に購入した人のレビューをよく見るなど、信頼できるメーカーかどうか、見極めることが大切です。

安全性と利便性を両立したNLAセレクトの18650電池

18650・8_battery

NLAセレクトが18650電池を作る理由

NLAセレクトは当初よりLEDライトを得意としておりますので、LEDヘッドライトやLED懐中電灯と言ったLEDライトの商品のみを取扱っておりました。これらのLED商品を点灯する際に必要となるのが「18650電池」です。

安全面で特に配慮が必要な商品という事も有り、当初は当店でも取り扱いを考えておりませんでしたが、お客様が他店で購入された18650電池が原因と思われるトラブルが多発していた事から、当店で原因を調べてみると「安全性や品質を一切無視した商品が非常に多く出回っていた」という事が判明。

「安心してLED商品などをお使い頂ける電池のご提供」を考えて、日本の品質を理解、技術的にも対応可能なバッテリー専門の工場を見つけ出し、NLAセレクトとして18650電池の製造・販売を開始しました。

18650電池を販売開始したのちは、お客様のニーズに合わせて放電性能の改良・電池サイズの修正・複数の保護回路の設置などの商品バージョンアップを繰り返し、現在の人気モデルにたどり着きました。

18650電池の安全性に対するこだわり① 第三者機関での検査証明書を公開

当店では専門の検査機関に依頼をして検査を行っており、実際の検査証明書を公開しております。

NLAセレクト 18650電池

18650電池の検査を行い、必要な水準を満たした事を証明する書類です。

18650電池の安全性に対するこだわり② 保護回路をプラス極に搭載

NLAセレクト・新タイプ18650電池

電池の横幅が従来の18700から18480と18650サイズにキッチリ収まる様になりました。

18650電池は、電池のプラス極からマイナス極に繋がっているニッケル線が金属と触れることでショートが起きます。そのショートを防ぐため、生セルに熱収縮チューブというカバーかけるのですが、熱収縮チューブで覆ったまま製品を生産すると電池の横幅が厚くなり、電池ケースに18650電池が収まらないというデメリットがありました。

そこで、NLAセレクトでは、工場と研究開発を行い、保護回路の設置位置をマイナス極からプラス極に変え、同時に熱収縮チューブとニッケル線を廃止することに成功しました。この改良によって、ショートの根本原因を排除し安全性を高めながら、横幅が厚くなるデメリットも排除しました。

この改良はNLAセレクトの3400mAhタイプの18650電池に実装しています。

18650電池の加工方法と安全性

18650電池 保護回路 熱収縮チューブ 安全性
65mmの違法電池 設置なし 1重(生セルを覆う) 低い
一般的な18650電池 マイナス極に設置 1重(生セルとニッケル線を覆う) 普通
NLAセレクト18650電池(2200mAh) マイナス極に設置 2重(生セルとニッケル線の各々を覆う) 高い
NLAセレクト18650電池(3400mAhの最新モデル) プラス極に設置 不要 高い
18650・10_setsumei

18650電池の安全性に対するこだわり③ 一般的に1つの保護回路を3つに増設

18650電池・新タイプに関して

18650電池の電池の横幅を改善する為に、マイナス極に設置していた保護回路をプラス極に変更しました。

保護回路をプラス極に搭載する改良を行う中で、安全性を最優先に考え、保護回路の設置数を増設する議論も行いました。

結果としては、さらなる改良を加えることに成功し、一般的に1つだけ搭載する保護回路を3つに増設することにも成功しました。これにより、過充電等で引き起こされる万が一のトラブルを未然に防ぐ保護能力を更に高めることができました。

NLAセレクトで扱っている18650電池に関しては、安全性を最優先に考えて生産を行っております。

NLAセレクト18650電池のスペック・他社比較・注意点

品質チェック写真・12_check

電池の品質確認の為、出荷前に電圧と抵抗の確認を行っております。

NLAセレクト18650電池のスペック

NLAセレクトの18650電池の性能は以下になります。

公称電圧 3.7 V
サイクル寿命 500回以上
過充電検出電圧: 4.325±0.25[V] 終止電圧:2.5±0.05[V] 公称充電電流 1625mA
公称放電電流 650mA
最大充電電流 3350mA
最大放電電流 3400mA
放電性能 1C
最大放電性能 1.5C (一時的に可能な数値)

NLAセレクト18650電池の他社比較表

当社の18650電池の特徴が一目でわかる比較表になります。

18650電池比較表・13_hikaku

NLAセレクト18650電池の注意点

18650・14_torisetsu

お客様から「商品が到着して充電を試みたが、充電ができないので困っている」という声を時々頂きます。こちらの原因は

1.商品到着時に保護回路が起動している
2.お客様がお持ちの充電器に保護回路のリセット機能が搭載されていない

という2つの状況が重なって発生いたします。

保護回路の起動は、輸送の過程で衝撃が加わた場合に発生し得ます。お持ちの充電器が「18650電池用」ではなく、「生セル用」に作られた充電器の場合、保護回路リセット機能がついていない場合があります。

詳細は、同梱させていただく「18650電池の取扱説明書」にも記載させていただいたおります。18650電池をご使用の際にトラブルになりがちな部分をまとめておりますので、ご参考にして頂けたら幸いです。

お客様によるNLAセレクトの18650電池の検査

お客様にもNLAセレクトの電池を詳しく検査して頂きました。

NLAセレクトで生産しております18650電池について、当初はLEDライト関連の商品でご利用頂く事を前提に商品の作成を進めておりましたが、2017年6月より販売業務用のバッテリーとしてもお使い頂ける様に1時間当たりの出力を高めました。

実際に当店のお客様にも新タイプの18650電池に関してお試し頂き、お客様が保有されている検査機器で電池の性能のチェックもして頂きました。以下の動画もご参考にして頂けたらと思います。

安全な18650電池を購入するための確認事項まとめ

NLA18650・15_matome
18650電池は、一度充電しておけば1か月後でも80%の容量をキープする事ができ、使い方によっては非常用の電源として活用もできます。多くのメリットを持つ電池ではあるものの、入手から取り扱いまでしっかりと行うことで初めてその役割を安全に果たすことができます。

18650電池の購入時のチェックポイントとして、『PSEマーク・保護回路・容量mA』という3点をご紹介いたしました。当店では安全性を最優先に考え、設計・改良をし続けた18650電池をご提供しております。