安全な18650電池を購入する為に必要な3つの確認事項とは?

NLAセレクト3400mAh 18650電池

18650電池バナー
NLAセレクト・3400mAh 18650電池

LEDライトの電源や充電式の機器の電源(例えばモバイルチャージャーなど)で使用されている18650電池。

あなたの気が付かない意外な所でも活躍している充電式の電池です。ただこちらの電池に関してですが便利な反面、発火や爆発を防ぐ為の対策が施されていない違法な18650電池もネット上では多く出回っております。

違法な18650電池に関してですが、直ぐに故障してしまうという品質の問題以外にも、安全対策がしっかりと施されていない為、電池の異常発熱(外装が溶けたりします)や発火、破裂と言った危険性も御座います。

上記の様な危険な電池によるトラブルを少しでも防げる様に、今回あなたに安全に18650電池をご利用頂く為に情報をまとめてみましたので「安心できる18650電池」をお探しの際にお役立て頂けたらと思います。

安全な18650電池とは?

18650電池に関してですが、あなたが実際にお使い頂く際に電池のトラブルによってケガなどをしない為に電気用品安全法と言う法律で決められた検査規格が有ります。

安全な18650電池をお探しの際には頭に入れておいて方が良いかと思いますので情報をまとめてみました。

18650電池に記載が必要なPSEマークとは?

18650電池に関してですが、使い方を誤ると「発火や爆発」と言った非常に危険なトラブルが有る商品です。その為、電気用品安全法の中の別表第9に記載されたリチウム電池の技術適合検査を行う必要が有ります。

この検査をクリアした物のみ「PSE」の表記を18650電池に記載する事が出来ます。しかし、「PSE」のマークの表記に関しては販売する業者若しくは製造工場が自主的に表記する物の為、検査を行わずにPSEマークを表記すると言った悪質な業者もいるので注意が必要です。

【PSEマークを偽装している可能性が高い例】

・電池の長さが65ミリにも関わらずPSEマークの表記が有る・・・保護回路が無い生セルの状態で技術適合検査に合格している可能性が非常に低いです
(生セルの中で高品質という事から世界的に需要の有るパナソニック製の生セルでも単体では技術適合検査に合格が出来ない為、保護回路を装着する必要が有ります)

・電池の容量が高い物(3600mAh以上)など・・・18650電池のサイズで高容量となると高度な技術が必要となります。その為、製造できるメーカー(パナソニックなど)が非常に限られてきます。
(高容量の18650電池を謳う業者には使用しているセルのメーカーと型番を確認する事で本当に記述通りの容量が有るか確認が可能です)

18650電池に表記のあるPSEマークが本物か確認する方法に関して

自社での検査記録若しくは検査機関での検査記録などを確認するのが一番簡単で早い方法かと思います。ただ、別表第9の検査内容に関しては電池メーカーなどで無いと検査する項目の全てを自社で行うのはかなり難しい内容かと当店では考えております。(当店では専門の検査機関に依頼をして検査を行っております)

実際の検査証明書↓↓

18650電池 検査証明書

18650電池の検査を行い、必要な水準を満たした事を証明する書類です。

18650電池の保護回路とは何か?

保護回路と言われてもピンと来ないかもしれません。こちらの保護回路ですが18650電池をご使用になる上で「事故を防ぐ為の安全装置」と言った物になります。

具体的に保護回路がどの様な役割を果たすかまとめてみると

1.電池の上限電圧4.35vを管理・コントロールして電池の過充電を防ぐ役割
2.電池の下限電圧2.5vを管理・コントロールして電池の放電過ぎるを防ぐ役割
3.最大電流3.4Ahを管理・コントロールして充電・放電する際に電流が大きすぎて電芯が破損する事を防止する役割
4.電池がショートすることを防ぐ役割

これらの役割が有ります。
(保護回路が起動する電圧や電流値は製造メーカーや電池ごとに数値が異なります)

保護回路写真

18650電池に取り付けられている保護回路の写真になります。

保護回路が搭載されていない18650電池(生セル)の発火テスト動画のご紹介

リチウム電池ですが乾電池(エネループなどの電池)と比較すると一度に大容量の電力が供給できる反面、発火や爆発と言う危険性も御座います。

NLAセレクトが生産している電池の工場でリチウム電池がどの様にして発火するのかテストした際の動画です。(電池周辺の温度を高くして自然発火する様子をご確認頂けます)

発熱による発火に関してですが、あまり実感が湧かないかもしれませんが、一例として以下の様なケースが挙げられます。

・充電器で18650電池を充電する際の異常発熱から発火
・お使いの機器でインバーターにて電池の出力をコントロールし、電池のスペックを超えた状態でのご使用

18650電池に保護回路が搭載されている事で上記の様なトラブルを防ぐことが可能です。

18650電池の性能を左右するセルに関して

18650電池の品質に大きく影響するのがこちらの「 セル 」と呼ばれるパーツです。パナソニックやSANYO、サムスンなどの他に中国でも生産を行っております。
(モバイルチャージャー等にも使用されております)

容量が高く、品質も安定している事からパナソニック製のセルが世界的に需要が有ります。

通常はこちらの状態のセルに保護回路を搭載してからの販売となります。

18650電池 セル写真

NLAセレクトの3400mAhで使用しているセルの写真です。

保護回路が無い状態だと先程お伝えした様な危険性が有るので保護回路を取付けます。実際に取付けた際の写真はこちら↓↓

18650セル 保護回路設置写真

18650電池のセルに保護回路を取り付けた写真です。

補足
NLAセレクトの2018.6月現在の最新版の18650電池は保護回路をプラス極側に設置、電池のサイズも18700だった物から18480になっております。
18650電池・新タイプに関して

18650電池の電池の横幅を改善する為に、マイナス極に設置していた保護回路をプラス極に変更しました。

安全性と利便性を両立した18650電池に関して

保護回路がプラス極の18650電池

保護回路の設置位置をプラス極に改良した結果、生セルをシュリンクで覆う必要が無くなり、安全性を確保しつつ利便性も向上しました。

18650電池の生セルですが熱収縮チューブで覆われている場合、電池の外装が破れてニッケル線(電池のプラス極からマイナス極に繋がっている金属線)が金属と触れてもショートしないと言うメリットが有ります。
(生セルが熱収縮チューブで覆われていない場合はニッケル線に金属が触れた場合はショートします)

しかし、安全性を重視して生セルを熱収縮チューブで覆ったまま製品を生産した場合、電池の横幅が厚くなってしまうと言うデメリットが有りました。
(電池ケースに18650電池が収まらない)

つまり、安全性を重視するのか利便性を重視するのか、どちらかを選択する必要が有ると言う状況でした。

この問題に関してですが、保護回路の設置場所がマイナス極である為に発生していた事から、NLAセレクトでは工場と協力して、3400mAhタイプに関しては保護回路の設置位置をプラス極に移動し、熱収縮チューブ・ニッケル線が無くても安全性が確保された18650電池を作成致しました。
(安全性と利便性を両立させた18650電池となりました)

18650電池・新タイプに関して

保護回路の設置位置を変更する事で、安全性はそのままで熱収縮チューブとニッケル線が不要になった18650電池です。

18650電池を使用する際に起こりがちなトラブルに関して

18650電池に関してですが、乾電池ほど普及していない事も有り、お使い頂く際にちょっとした勘違いが有ったりします。

ここではお客様からご連絡頂いた事例などをまとめましたので、初めて18650電池をご使用になる際の参考にして頂けたら幸いです。

65ミリの18650電池に注意!保護回路の有無の見分け方に関して

お使いの機器に内蔵されている18650電池を取り出して、電池の交換を行おうとする場合に特に誤解が多いケースとなりますが、65ミリの18650電池ですが保護回路が搭載されておらず、こちらに関しては「あくまで18650電池を構成するパーツの一つ」です。

保護回路の有無に関してですが一番分かりやすい確認方法として

「電池の長さをチェックしてください」

保護回路が付いた18650電池の長さ・・・68ミリから69ミリ前後
保護回路が付いていない18650電池の長さ・・・65ミリ(生セルの長さ)

電池の長さをチェックする事で保護回路の有無に関しては一発で判断可能となっております。

18650-生セル比較表

生セルと18650電池の特徴の比較になります。

※65ミリの18650電池(生セル)ですが、保護回路を搭載していない18650電池です。こちらは先ほどお伝えしたPSEマーク(正確には電気用品安全法の別表第9)の技術適合基準を満たす事が出来ない商品です。

その為、生セルがインターネットを通して入手が出来るという事自体、本来は問題の有る状態です。

特に生セルと保護回路の搭載された18650電池の違いが分からないと言う際には事故に繋がる可能性が非常に高いので、内蔵された18650電池の無理な交換は行わない事をお勧めします。

18650電池が充電出来ない際に確認してほしい事(18.11.24追記)

NLAセレクトにて18650電池を販売した際に

「届いた18650電池が充電できない」

と言うお客様からご連絡を頂き、商品を回収し工場にて精密検査を行いました。

ご使用頂いております18650電池が充電出来ないと言った際には、以下の内容をご参考にして頂けたら幸いです。

【商品到着後の初回充電の際に充電器で0Vと表示される場合】

当店の18650電池に関して「充電が出来ない」とご連絡頂くお客様のほぼ全てが

「初回の充電時のトラブル」

となっております。

こちらの症状に関してですが、デジタル表示の充電器にセットして充電を開始した所、充電器のデジタル表示が0Vのまま、一向に充電が開始されないと言う物となります。

この問題に関して、当店の電池の工場にて詳しい確認を行ったところ、2つの問題が関係している事が分かりました。

1.商品到着時に保護回路が起動している
2.【注意】充電器に保護回路のリセット機能が搭載されていない

商品到着時に保護回路が起動している

まず最初の問題に関してですが、こちらに関しては商品を日本まで輸送を行う際に、18650電池を梱包している段ボールに外部からの衝撃が加わり、18650電池が異常を感知して保護回路が起動したと言う物になります。

※18650電池の充電の問題に関しては、一部のお客様が充電出来ないと仰られる一方で、該当電池を当店にて回収後、充電を行った際に、問題なく充電が出来て、使用に関しても問題ない事を確認しておりました。

当店では当初は過放電等が関連していると言う考えでしたが、18650電池に衝撃が加わった事が保護回路作動の理由となります。

充電器に保護回路のリセット機能が搭載されていない

上記で説明しました通り、18650電池の充電の問題ですが、一部の充電器では問題なく充電ができる一方で、一部の充電器では充電が出来ない・・・

18650電池の問題が明確になった事で、充電器側の問題に関しても具体的な問題点が明確となり、

「保護回路の作動をリセットできない充電器を使用している」

と言うのが、18650電池を充電出来ないケースの原因となります。

充電器の問題に関しては以下で詳しくお伝え致します。

18650電池を充電する際に使用する充電器に関して(2018.11.24追記)

先ほどお伝えしました「保護回路の作動をリセットできない充電器を使用している」という事に関してですが、当店でもインターネットで出回っている商品の情報を確認し、以下の様な問題点が関係事が分かりました。

・過放電保護機能が搭載されている
・リセット機能は搭載していない

先ほどお伝えしました、18650電池の保護回路の作動に関してですが、輸送中の振動と言った問題以外に、

「過放電」・「過充電」・「過電流」

と言った問題が起こった際に電池の安全性を保護する為に作動するICチップとなります。

ただし、一部の充電器では18650電池の保護回路が作動した際に、リセット機能を搭載していない為、保護回路の解除を行う事が出来ず、充電器にセットしても0vと表示されたまま変化が起きず、充電不良と勘違いされてしまう様です。

何故この様な充電器が有るかと言いますと、「 生セル 」と呼ばれる18650電池に保護回路が搭載していない電池を充電する為に存在しております。
※インターネット上で入手できる生セルに関しては安全性が確保されていない違法商品となります。

生セルに関しては電池本体に保護回路が搭載されていない為、充電器で制御を行わないと事故に繋がる可能性があり、それを防ぐ為に充電器側で

「過充電・過放電・過電流」

を制御します。しかし、生セルの場合には電池本体での制御が無いため、

「充電器に電池の保護回路をリセットする機能は必要ない」

と言った仕様になっているようです。

こちらの生セルに関してですが、デジタル表示の充電器でコントロールしながら充電を行う事で、一定の安全性は確保が可能と思われます。

しかし、充電器から取り外し、実際にご使用機器にセットした際に、ご使用機器で保護回路の様なセルの安全性を確保する物が無いと事故に繋がりやすい危険な状況となりますのでご注意下さい。

また、18650電池に関してですが、電気用品安全法内の別表第9と呼ばれる適合基準を満たす必要が有るのですが、セル本体ではこちらの技術基準を満たす事が出来ない為、保護回路を装着し、技術基準に適合出来る様にするのが一般的です。

つまり、こちらの法律を考えると

「充電器で電池の機能を制御するにも関わらず、リセット機能が無いと言うのは商品構造上欠陥がある」

と言う事になります。

充電器本体にリセット機能の搭載、若しくは充電器側で電池の制御をしない充電器ならば全く問題無いのですが、上記で説明してきた中途半端な充電器だと、今回の様にお互いの保護機能が逆効果となってしまうケースも発生してしまいます。

※充電不良という事で当店に返送された18650電池を過放電保護機能を搭載していない充電器で充電した結果、ほぼすべての電池で充電の確認・LED懐中電灯を使用した点灯テストに関しても問題が無い事を確認しております。

18650電池充電器 写真

シンプルな充電器ですが、「充電不良」と言ったトラブルが起きる事なく充電可能です。

その為、18650電池の充電器の選び方に関してお困りの際には

・リセット機能を搭載した充電器
・過放電保護機能を搭載していない充電器(18650電池に保護回路が有るので充電器側で制御しなくても問題御座いません)

上記いずれかの仕様の充電器をお選び頂く事で、18650電池の初回充電でトラブルなく充電する事が可能となっております。

商品の特徴に関してですが、取扱説明書に情報をまとめましたのでご参考にして頂けたら幸いです。

18650電池・取扱説明書

18650電池をご使用の際にトラブルになりがちな部分をまとめてみました。ご参考にして頂けたら幸いです。

大容量を謳う18650電池の実際のところ・・・

18650電池に関してですが、ネット上では5000mAhや6000mAhなどと記載された商品も出回ったりしておりますが、こちらの電池の容量は電池のセルの容量で決まります。また、現在ですがパナソニック製のセルが容量(最新モデルでも3600mAh)となっております。

「でも、モバイルチャージャーは実際に10000mAhって有るんだけど・・・」

とお思いのあなた。モバイルチャージャーなどの大容量の電池に関してですが、今回おお伝えしている様な18650電池などを
「複数の電池を使って組み合わせている為、大容量のバッテリーとなっている」
と言う形になります。

検査機関で安全性が確認された18650電池のご紹介

扱い方によっては危険性の有る18650電池に関しては電気用品安全法と言う法律でも一定の容量以上のリチウム電池に関してはしっかりと性能を検査する必要が有ります。
(リチウム電池専用に設定された電気用品安全法の丸形PSE・別表第9に基づいた検査を行い問題なく使用出来る事を証明する必要性)

18650電池 検査証明書

18650電池の検査を行い、必要な水準を満たした事を証明する書類です。

NLAセレクト 18650電池のスペックについて

改良版18650電池

今までの18650電池の横幅を改良し、18650サイズに収まる様にしました。

さて、NLAセレクトの18650電池に関してですが具体的に電池の性能をまとめてみました(3400mAh 18.4.19時点)

公称電圧:3.7 V
サイクル寿命:500回以上

過充電検出電圧:4.325±0.25[V] 終止電圧:2.5±0.05[V] 公称充電電流 1625mA
公称放電電流 650mA
最大充電電流 3350mA
最大放電電流 3400mA
放電性能:1C
最大放電性能:1.5C
(一時的に可能な数値)

電池の容量に関してですが、セルの容量が3400mAhとなっており、そこから保護回路を取り付けておりますので抵抗等を考慮すると3300mAh前後が実際に使用出来る容量になると考えております。

専用の検査機器を使用した電圧と抵抗の確認になります(出荷前のテスト)

18650電池・電圧・抵抗テスト

電池の品質確認の為、出荷前に電圧と抵抗の確認を行っております。

補足
18650電池に関してですが、電池のスペックを正確に把握するには専門の機械が必要になります。
市販の充電器でも数値を計測する事は出来ますが、正しい知識が無いと間違った解釈をする事となり、ネット上で誤った情報が出回っているのでご注意下さい。

18650電池の横幅の見直しに関して

NLAセレクト・新タイプ18650電池

電池の横幅が従来の18700から18480と18650サイズにキッチリ収まる様になりました。

NLAセレクトの18650電池に関してですが、以前のタイプに関しては安全性を最優先に考えて、生セルにも熱収縮チューブが付いておりました。しかし、この場合ですと、電池の横幅が18650サイズを上回ってしまい、電池をセットする際に正確な寸法が求められる際には当店の電池がご利用頂けない状態でした。

その為、先ほどお伝えしました18650電池内の保護回路の位置をプラス極に変更する事で従来の

生セル+熱収縮チューブ(NLAセレクトの場合)+ニッケル線+外装(熱収縮チューブ)

と言った状態から熱収縮チューブとニッケル線が不要になり、電池のサイズが従来の物よりもスリムになり、18650サイズで無いと収まらい場合でもご使用頂ける様になりました。

補足
2018.8に自社サイトで扱う18650電池を新タイプに切替致しました。

保護回路を3つ搭載した18650電池に関して(19.1.6追記)

NLAセレクトで扱っている18650電池に関してですが、安全性を最優先に考えて生産を行っております。

先ほどお伝えしました、3400タイプの18650電池ですが、保護回路の設置場所をプラス極に変更した際ですが、保護回路の見直しも行いました、

保護回路の見直す事で以前は保護回路が一つ(一般的な仕様です)から三つに増設する事ができ、万が一の保護機能が更に高まりました。

3400mAh 18650電池保護機能

3つの保護回路を搭載したNLAセレクトの3400mAhの18650電池の保護機能の設定値になります。

お客様にもNLAセレクトの電池を詳しく検査して頂きました!

NLAセレクトで生産しております18650電池ですが当初はLEDライト関連の商品でご利用頂く事を前提に商品の作成を進めておりましたが、業務用のバッテリーとしてもお使い頂ける様に1時間当たりの出力を高める事に致しました。(2017.6月より販売)

実際に当店のお客様にも新タイプの18650電池に関してお試し頂き、お客様が保有されている検査機器で電池の性能のチェックもして頂きました。「ブログの内容だけだと不安なんだけど・・・」とお感じのあなたは以下の動画もご参考にして頂けたらと思います↓↓

 

18650電池の比較表を作ってみました<

「なんか色々書いてあるけどよく分からない・・・」と感じられたあなた!パッと見て分かりやすい様に他社製品との比較表を作成してみました↓↓

18650電池・他社製品比較表

NLAセレクトの18650電池と他社製の18650電池の比較をしてみました。

まとめ

今回ですが18650電池(3400mAh)の事に関してお伝えして参りました。

18650電池ですが一度充電しておけば1か月後でも80%の容量をキープする事ができ、お使い方によっては非常用の電源として活用も出来るかと思います。
(当店で過去に18650電池で作業灯が点灯できるかテストしたところ、作業灯がしっかり点灯しました)

他にも色々と活用できる方法はあるかと思いますので、あなたのお仕事や生活にお役立て頂けたら幸いです。

18650電池(3400).ver3商品画像(一枚目)ver.2
↑↑NLAセレクトで生産している2種類の18650電池になります。

NLAセレクトで取り扱っているLED作業灯と投光器の一覧表のページになります。
あなたに最適なライトを直ぐにお探し頂けます↓↓


ブログトップ