夜釣りでLED投光器を誰でも超簡単に活用できる便利商品とは?

夜釣り・投光器使用写真


実際に商品の組み立てを行った際のの様子と海での利用に関して動画にまとめてみました。

NLAセレクト
夜に釣りをされる際ですが、強力な照明を使いながら釣りをされている方を見た事は有りませんか?
奈奥特さん
ライト使っている人だけすごい釣れているんだけど・・・

この様なご経験をお持ちのあなた!実はLED投光器(作業灯)を使えば簡単に夜釣りで使える集魚灯を作る事が出来るんです。

集魚灯が無くて悔しい思いをされた事があるならば、今度はあなたが沢山魚を釣り上げて周囲から”あっと”言われる様な釣果を目指してみませんか?

今回はLED投光器を使って夜釣りで大活躍の集魚灯をどの様にすれば作れるのかお伝えして参ります。

LED投光器を夜釣りで使う為に必要な物

LED投光器を使用して夜釣りを行う際ですが、あなたのお持ちの機器を使って作成する場合、一番シンプルな物ですと以下の2つが有れば夜釣りで使う投光器の作成が可能です。

・LED照明(12ⅴ~24ⅴに対応している物)
・自動車などバッテリー(12v~24ⅴの間のバッテリーが一般的です)

この他にはスイッチ等も有った方が良いという場合には別途ご用意頂くとさらに便利にお使い頂けるかと思います。(差し込み型ピン端子を活用すればスイッチのような形で代用可能です)

3つの商品を組み合わせて夜釣り向け投光器が簡単に作成する方法とは?

通常ですと自動車のバッテリー等を使っての夜釣り用の照明を作成するケースが多いのですが、多くの方に「とにかく簡単」と言う事を考え

「誰でも簡単に夜釣り用投光器(作業灯)をカスタム出来る」

商品をご用意致しました。(2017年4月より販売開始)

こちらに関しては3つの商品を組み合わせた物となっております。

1.LED作業灯(12vなら投光器でも可)
2.パワーツール電池(マキタBL1400番台バッテリー)
3.パワーツール用アダプター

奈奥特さん
これってどう言う事?
NLAセレクト
元々それぞれ別々の商品として売られている物をお客様が商品をカスタムして簡単に充電式のライトを作成する事が出来ます!
LED作業灯・充電式カスタムセット

通常のLED作業灯とパワーツール電池を使って充電式作業灯をカスタムできる組み合わせになります。

NLAセレクト充電式作業灯

LED作業灯とパワーツールバッテリーを組み合わせた充電式作業灯です。

充電式作業灯 NLAセレクトバージョン

LED作業灯とパワーツールバッテリーを組みわせたNLAセレクトオリジナルの充電式作業灯です。

この商品のポイントに関してですが

・作業灯の配線とバッテリー用アダプター付属のパーツを繋ぐだけでライトが点灯する
・バッテリーに関してはワンタッチで取替が可能で電池を複数用意すれば夜通しライトの点灯も可能

と言ったメリットが有り、従来のポータブルライトの問題であった

「電池を内蔵しているポータブルライトの場合は点灯時間の短い」
「点灯時間の長い商品はライトがあまり明るくない」

と言ったお悩みをどちらも解消出来ます!

簡単なイメージで言いますと自動車のヘッドライトレベルの明るさの光で夜通し海面を照射出来ると言った形です。(48w作業灯を使用した場合)

実際に商品の組み立てを行った際のの様子と海での利用に関して動画にまとめてみました↓

作業灯を3パーツで充電式ledに切替える「簡単すぎる」方法とは?

2018.04.08

夜釣りの際に簡単にご利用できる投光器の詳細に関して

奈奥特さん
夜釣り用の投光器を自作で準備するのって大変なイメージなんだけど・・・
NLAセレクト
商品の組み立てやバッテリーの交換など色々と大変かと思います。この問題を解消する為に便利アイテムを作ってみました。

自動車のバッテリーをお使いになり、作業灯や投光器と接続となると難しいケースも御座います。しかしここではは「とにかく簡単」に夜釣り用の投光器を作成する為の方法をお伝えして参ります。

先程もお写真にてお伝えしましたこちらの商品↓↓

パワーツールバッテリー用アダプター

マキタ製バッテリーBL1400番台に対応した作業灯を接続できるアダプターです。

電動工具等で利用する電池(マキタBL1400番台シリーズ)に12vの作業灯や投光器に対しても出力対応している「アダプター」を組み合わせた状態となっております。

中央部分の端子が12ⅴ出力となっており、こちらに作業灯を接続する事で簡単に夜釣りにも使える投光器を作成する事が可能となっております。(左右のUSBは5v出力なのでUSB機器のご使用やスマホなどの充電も可能です)

注意
iPhoneの充電に関しては現在のところ未対応となっております。
また、apple製のUSBケーブルを使用した際にUSB機器が起動(充電)しないケースも有るのでご注意ください。
充電式作業灯 アダプター説明

LED作業灯とパワーツールバッテリーを繋ぐアダプターの出力に関しての説明写真です。

写真中央部の12ⅴ出力端子に付属のDC配線を挿し込み、作業灯の配線とDC配線をピン端子で止めるだけで5分有れば十分組み立てが可能なお手軽仕様となっております。

充電式作業灯アダプター 取付手順

LED作業灯とパワーツールバッテリーを使って充電式作業灯を作る際の流れになります。
(スパナは2本あると作業灯を固定する際に便利です)

奈奥特さん
作業灯ってアダプターに固定しないと使えないの?
NLAセレクト
※上記説明では作業灯をアダプターに固定する方法を取っておりますが、作業灯はアダプターに固定しなくても、もちろんお使い頂けます。
(作業灯は配線のみ繋がっていれば点灯可能です)

LED作業灯(投光器)と電動工具電池を使った際の点灯時間に関して

また、夜釣りの際に問題となる作業灯の点灯時間に関しても15w作業灯をご利用になる場合は5000mAhのバッテリーで5時間程度ご利用頂けます

作業灯とパワーツール電池を自由にカスタムできる仕様である事から、それぞれの商品を組み合わせた場合の点灯時間を一覧表でまとめてみました。

点灯時間に関しては電池1個当たりの時間なので電池を2つ持っていれば2倍の時間と言う事になります。
(15w作業灯と6000mAhのバッテリー2個をご用意頂いた場合800分、つまり13時間以上お使い頂けます)

バッテリーの交換に関してもワンタッチ式なので10秒で切り替え可能で、予備のバッテリーが有れば点灯時間をさらに伸ばす事が可能です。

奈奥特さん
NLAセレクトで扱っているバッテリーはどれになるの?
NLAセレクト
NLAセレクトでは現在5000mAhのバッテリーを扱っております。この他の容量に関してはお客様のご要望に合わせてご用意を検討致します。
作業灯点灯時間一覧表

LED作業灯とマキタパワーツール用バッテリーを使った際の点灯時間一覧表です。

(本アダプターはNLAセレクトが独自に開発した当店限定商品となります)

夜釣りで使えるLED投光器(作業灯)の作成事例

ここまでNLAセレクトで独自に開発したバッテリーアダプターを用いた充電式作業灯に関してお伝え致しました。

非常に簡単に充電式作業灯を作成できる方法では有りますが、あなたがパワーツールバッテリーを使ってご自分で改造できる場合や自動車のバッテリーをお使いになって夜釣りの照明をお作りする事ももちろん可能です。

実際にNLAセレクトで作業灯をご購入されて、ご自分で充電式作業灯をお作りになったお客様の事例を見てみると・・・

自動車のバッテリーと作業灯(48w)を組み合わせたケース

集魚灯・作業灯利用写真

岸壁からの夜釣りの際に利用する集魚灯を作業灯とバッテリーを組み合わせて作製した写真です。

作業灯を利用して海面を照射した際の写真です。光にプランクトンが集まる事で魚を呼び寄せる効果が有ります。

パワーツール電池と作業灯を組み合わせたケース

続いて上級編 こちらですが、パワ―ツールのバッテリーとLED作業灯を一体にして充電式のLED作業灯に改造したケースです↓↓

LED作業灯 ポータブル照明

パワーツールのバッテリーにLED作業灯を組み合わせ、自作の充電式作業灯を作成されたケースです。

自作・充電式作業灯点灯写真

パワーツールのバッテリーとLED作業灯を組み合わせて充電式作業灯を作成されたケースです。

小型の発電機と組み合わせた事例

簡易版充電式作業灯

お客様が保有していた発電機と48wLED作業灯を組み合わせて作製した充電式作業灯です。

48w作業灯・点灯写真

48w作業灯を点灯し、周囲の様子を撮影した写真です。

作業灯カバー使用時・点灯写真

48w作業灯に作業灯カバーを取り付けて点灯・その際の様子を撮影した物になります。

ポータブル投光器に関して

電池式LED投光器

18650電池で点灯可能なLED投光器です

電池3本(18650電池・2200mAh)でライトを点灯した場合ですが、8時間の連続使用が可能となっております。ライトの明るさは先ほど説明した充電式作業灯の4分の1程度で、LEDチップが3個付いている様な「強力な光のLEDヘッドライト」と同じくらいの明るさです。

こちらの商品は18650電池と呼ばれるリチウムイオン電池をセットする事でお使い頂けるタイプとなっており、電池の交換が可能なので、予備の電池が有れば使用時間に関しては特に気にせずお使い頂く事が可能です。

LED投光器を夜釣りでご使用される際の注意点

注意
LED投光器を使って釣りで使える照明を作成した際ですが、一般的な解釈として集魚灯と言う事なるのですが、こちらの集魚灯に関しては地域ごとに使用可能な場所と使用を禁止している場所が御座います。

水産庁のページに詳細が記載されておりますので、実際にご使用になる前にご確認するようにお願いします。

まとめ

今回ですが投光器を使った夜釣りで使える充電式ライトに関してお伝えしてきました。普段LED投光器やED作業灯をご利用にされない方にとっては集魚灯の作成を難しくお感じになっていたかもしれません。

配線が苦手方でも当店でご用意致しましたアダプターをお使いになれば端子を止めるだけで直ぐに夜釣りやアウトドアでもお使い頂ける充電式照明をお作り頂けるので是非お試し頂けたらと思います。

関連商品に関して

今回ご紹介しましたLED作業灯とパワーツール用バッテリー・接続アダプターに関しては以下のリンクより商品をご確認頂ける様になっております↓↓

パワーツールバッテリー・アダプターマキタ互換電池・5000mAhバナー48w充電式作業灯セット
NLAセレクトで取り扱っているLED作業灯と投光器の一覧表のページになります。
あなたに最適なライトを直ぐにお探し頂けます↓↓


ブログトップ