充電式作業灯を【LED作業灯+マキタ充電池】で作成してみました

自作・充電式作業灯点灯写真


NLAセレクトのお客様から頂いたアイデアを元に多くのお客様が実際にご利用頂ける様に商品化した物になります↑↑

今までの充電式の作業灯に関してですが、ledが点灯しなくなったり、バッテリーが故障した際には商品自体が使えなくなってしまいました。

本来ですと故障部分を交換さえすれば再度使用ができるケースが多いのですが、構造が複雑だったり分解が難しかったり、代わりのパーツが見つからないなど問題が非常にたくさんありました。

そこでNLAセレクトでは既存の充電式の作業灯・投光器の概念から発想を切替えて充電式作業灯と言う商品では無く、作業灯+バッテリーと言う考えをベースに新発想の商品をご用意致しました。

お客様よりお教え頂いた作業灯を使ったポータブル照明に関して

今回ですがお客様からお教え頂いた方法がどの様な物かと言いますと当店でもフェイスブックで以前に記事のシェアしました。
フェイスブックのシェア投稿記事です

作業灯+工具用パワーツールバッテリーの組み合わせに関して

パワーツール用バッテリーですが、バッテリーの側面や底面に12vや14.4vと書かれた商品が結構あったりします。これらの数字に関してですがバッテリーの出力電圧となっており

作業灯の対応電圧と合わせてみてみると・・・

作業灯の対応電圧・・・12ⅴ~24ⅴ
パワーツールバッテリーの電圧・・・12ⅴや14.4ⅴなど

パワーツールバッテリーの電圧が作業灯の対応電圧に丁度対応する形となっております。つまりパワーツール用バッテリーとLED作業灯の点灯する電圧がほぼ同じ範囲と言う事になります。

それなので冒頭でご紹介致しました当店のお客様がお作りになられたLED作業灯とパワーツール電池を組み合わせて充電式作業灯がご利用できると言う事になります。

12771807_581975805286288_4245371531087962519_o 12795207_581982145285654_3986446823207981947_o

普段の仕事用のポータブル照明としてだけでなく、この方法を知っていれば非常時の照明をしても活用できるかと思います。

マキタ充電池(互換電池)を使って作業灯の点灯テストを行ってみました

さて、作業灯をパワーツールに繋げる際ですが、パワーツールにもいろいろな種類があり、使用可能なパワーツールに関しては

電圧が12ⅴから24ⅴ

になります。
(作業灯の対応電圧が12ⅴ-24ⅴの為)

本当にこの条件でLED作業灯が点灯するのかNLAセレクトにて扱っているLED作業灯の配線をマキタ製電動工具用のバッテリーに当てて点灯テストを行ってみました。

MAKITA マキタ BL1430 1415 対応 パワーツール互換バッテリー 14.4V 3000mAh
61Aus+yWoPL._SL1500_

パワーツールに+極と-極があります。
270

この部分に作業灯の配線を繋げてみます
264

配線を繋げると作業灯がバッチリ点灯しました!
262

実際にご利用になる際にはスイッチ等の設置も必要になるかと思いますので
もう少し複雑な構造になりますが、ご興味のある方はお試し頂けたら幸いです。

●ポイントはパワーツールの+極と-極に
それぞれ作業灯の配線を繋げる形にする事です

当店をご利用頂いたお客様が作成されたポータブル作業灯になります。

当店をご利用頂いたお客様が作成されたポータブル作業灯になります。

【注意事項】
作業灯をパワーツールに接続する際ですが安全性を考えて、パワーツールは保護回路を搭載した商品を使用するようにして下さい。

バッテリーは熱に弱い商品が多数御座います。ご使用される場所が非常に高温の場所の場合、電池に問題が生じる可能性が御座いますのでご注意ください。

【今回使用した商品】
NLAセレクト48wLED作業灯
マキタパワーツール互換バッテリー

バッテリーの改造不要で充電式照明を簡単に作れる商品とは?

(2018.5.2アップデート)

ここまで説明してきました内容に関してですが大まかに言いますと「LED作業灯を点灯させる為の電源としてパワーツール電池が利用できる」と言う事になりますが、

「パワーツール電池の電池が作業灯に使えるって言っても改造が必要じゃん!」

と思われたあなた!

NLAセレクトではこの様なお客様のご要望にお応えし、「誰でも簡単にバッテリーの改造も行わずにポータブル作業灯を作れる便利アイテム」を開発致しました。

その商品がこちら↓↓

マキタBL1400番台対応・変換アダプター

マキタ製のバッテリーBL1400番台シリーズに対応した作業灯を使う為の変換アダプターになります。

この商品をお使い頂く事で対応しているバッテリーに「カチッ」とはめ込むだけでバッテリーの改造は一切行わずに作業灯とバッテリーを一体化する事が可能になります。

また、バッテリーとこちらのアダプターをセットした際にはLED作業灯のご使用だけでなく、5ボルトと12ボルトを電源とする機器なら全てカバーご使用頂く事が可能です。こちらの商品に関して詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

マキタバッテリー活用事例

マキタのバッテリー活用法をプロが徹底紹介

作業灯・マキタ互換電池・アダプターの3パーツで作る充電式ledについて

充電式作業灯 バッテリー紹介

LED作業灯に接続するアダプターと適合しているNLAセレクトのバッテリーです。マキタ製の純正品BL14〇○シリーズもお使い頂けます。

通常の充電式作業灯・投光器に関しては全てが一体となって一つの商品となっております。しかしそれが原因で冒頭でもお伝えしました「どこかのパーツが壊れる」と商品自体がご使用頂けなくなるというデメリットが御座います。

そこでNLAセレクトでは充電式作業灯を

・LED作業灯
・パワーツール用バッテリー
・バッテリー用アダプター

と3つのパーツに分け、それぞれを組み立てる事で充電式作業灯としてお使い頂けるという形を取りました。

作業灯・充電式ledで重要な【アダプター】の互換性に関して

実際に商品をご利用になる際ですが、上記3つの商品に関しても実は互換性と言う物が有ったりします。

例えば 「マキタ製の互換バッテリー」+「マキタ製の互換充電器」この様なケースですと商品がそれぞれ新品にも関わらず上手く機能しないというケースも有ったりします。

その為、こちらの商品の互換性に関しても情報をまとめてみると・・・

LED作業灯→12ⅴ対応の全ての作業灯に対応・・・他店の作業灯でもOK
パワーツール用バッテリ・・・NLAセレクト商品+マキタ純正品(BL14●●シリーズ)
バッテリー用アダプター・・・NLAセレクト商品+マキタ純正品(BL14●●シリーズ)に対応

注意
この他の互換バッテリーでもご使用出来る可能性は有りますが、使用する内部回路の違い等でお使い頂けない場合も有るので他社互換バッテリーでのご使用に関してはご注意ください。
NLAセレクト
当店の充電式作業灯に関してですが充電用の電池と作業灯をお客様がご自分でご選択頂けます。
奈奥特さん
それってどんなメリットが有るの?
NLAセレクト
先ほどもお伝えしました「故障の際に交換が出来る」と言うメリットだけでなく、
「バッテリーの交換が可能でライトの点灯時間を気にせず利用可能」
「ご利用シーンに合った仕様カスタム出来る」
と言ったメリットが御座います。
NLAセレクト
具体的な例を挙げますと「夜釣りの際に集魚灯が必要」な際には夜釣りを行われる時間と必要な作業灯の明るさから逆算して、最適な仕様をお選び頂けます。
奈奥特さん
そっかー、これなら商品を購入した後も「商品選びに失敗した」って後悔する事も無さそうだね

本商品の特徴としてショップ側が「●●Wで電池の容量が●●mAhの商品です」と言う形では無く、あなたがお好きな形で●●wの作業灯、●●mAhのバッテリーと言う形でお好きに商品をご選択頂けるという特徴が有ります。

その為、ご利用シーンに応じて作業灯やバッテリーを組み替えてお使い頂くと言ったご利用方法や、簡単にバッテリーの交換が可能なので、バッテリーが切れてしまった際に予備のバッテリーに交換する事で長時間のライト使用に関してもご使用頂けます。

また、作業灯・バッテリー・アダプターと3つのパーツに分ける事で故障の際にも問題商品を交換するだけで再度使用出来ると言ったメリットもあり、充電式のライトとして長期間ご使用頂く事も可能なモデルとなっております。

作業灯とマキタ充電池を組み合わせた充電式作業灯に関して

続いて実際の充電式作業灯の点灯時間や組み立て方法などご利用の際に気になる情報に関してお伝えして参ります。
実際に充電式の作業灯をご利用になる際ですが、必要な明るさが違う事でLEDのw数が変わったりしてきます。

そこでNLAセレクトでは作業灯のw数とバッテリーの容量を計算し、それぞれの商品でどの程度の時間、ライトが点灯可能か情報をまとめてみました。

あなたがお使いの用途に合わせて最適な組み合わせをご選択頂けたらと思います。
(各商品新品時の理論上の目安時間になります)

作業灯点灯時間一覧表

LED作業灯とマキタパワーツール用バッテリーを使った際の点灯時間一覧表です。

充電式作業灯の組み立て方に関して

商品の組み立てに関してですが非常にシンプルとなっており、通常の作業灯の設置よりも簡単な物となっております。組み立て方ですが

1.アダプターの爪部分下にナットをセットし、爪部分上にステーをセット、付属の短いボルトを使って固定します。

2.アダプターにバッテリーをセット、DC配線も差込口にセットします

3.アダプター上部にLED作業灯をセットします。

4.付属のDC配線にピン端子をセット、作業灯にもピン端子をセットします
(作業灯の配線が長いとお感じの際には配線をカットしてお使い下さい)

5.アダプターから伸びているピン端子と作業灯から伸びているピン端子を接続するとライトが点灯します

充電式作業灯アダプター 取付手順

LED作業灯とパワーツールバッテリーを使って充電式作業灯を作る際の流れになります。
(スパナは2本あると作業灯を固定する際に便利です)

作業灯の点灯のオンオフに関して

本商品ですが屋外での使用も想定しており、防水性の観点からアダプターにはスイッチが付いておりません。その為、ライトのオン/オフのコントロールに関してはピン端子の抜差しでコントロールするようにして下さい。

NLAセレクト
本商品ですが、
・ライトとしての明るさ
・点灯時間
・商品の耐久性
これらに関してはポータブル照明よりも高機能となっております。
NLAセレクト
また、48w作業灯をご利用になった場合ですが、「自動車のヘッドライトを持ち歩く」と言ったイメージで非常に明るいライトとなっております。
奈奥特さん
と言う事は相当明るいよね?この場合って作業灯が熱くなりそうな気がするんだけど、火事とか火傷の心配は大丈夫なの?
NLAセレクト
当店のLED作業灯ですが、放熱に関しても計算して設計されておりますので、ご安心頂けたらと思います。長時間点灯した場合でも作業灯の温度は60度前後で手で触る事が可能な温度となっております。
奈奥特さん
それなら現場作業で使ってみるのも良いかもなー。
NLAセレクト
現場作業でもご使用以外にも夜釣りの投光器(集魚灯)としてもご利用やアウトドアでのLEDランタンや懐中電灯の代わりとしてもお使い頂けます。

実際にこちらの作業灯を使用した充電式ledがどの様なシーンで活躍できるのか?と言う部分に関して見ていこうと思います。

本商品ですが、実際にご利用になる際に

・バッテリーが切れても簡単に交換が可能
・必要に応じて明るさの使い分け(作業灯の変更)が可能

と言った特徴があり、夜釣りの際に数時間周囲や海面を照らすと言った用途にも対応しております。

更に現場作業でとにかく明るい光が欲しいと言った際にも、強力な光の48w作業灯をお使い頂く事で対応が可能となっております。

当店でも扱っております充電式作業灯や電池式投光器と言った商品でも明るさの切替に関しては対応しております。

電池式LED投光器

18650電池で点灯可能なLED投光器です

しかし、充電式作業灯に関してはバッテリーの交換が出来ないというデメリット、電池式投光器に関しては明るさに関してパワー不足と言った問題点が有ります。

これらのデメリットが気になるあなたにとっては今回お伝えしております「作業灯+パワーツール用バッテリー+バッテリー用アダプター」の組み合わせが一番使い勝手のいい物になるかと思われます。

この商品を実際にご活用頂く事で、

夜釣りの際にご利用頂いていた従来の「バッテリー+作業灯」がコンパクトに出来ます
持運びも簡単なので超強力な明るさのポータブルライトとしてもご利用頂けます
お手元で余っている作業灯やバッテリーを使って商品を組み立てる事が可能です

作業灯を利用して海面を照射した際の写真です。光にプランクトンが集まる事で魚を呼び寄せる効果が有ります。

夜釣り・投光器使用写真

夜釣りでLED投光器を誰でも超簡単に活用できる便利商品とは?

最後に

今回ですが、お客様が作成されたポータブル作業灯を中心に情報をまとめてみました。

ポータブルとまではいきませんが、「LED作業灯+自動車のバッテリー」を組み合わせてご使用頂いているお客様もおり、こんな感じです↓↓

48w自作 集魚灯

お客様がお持ちのバッテリーと48w作業灯を組み合わせた集魚灯です

ポータブル作業灯と言っても色々と種類が有りますのであなたにピッタリの物をお探し(作成して)頂けたら幸いです。