NLAセレクトは、安全認証と自社内実験を受けた高品質で明るいLED作業灯・投光器・ヘッドライト・懐中電灯を安価で販売

中国製LED作業灯・投光器を日本人が管理し、世界中に認められた折り紙つきの安全性と耐久性

軽トラ専門誌でもおすすめのLED作業灯の取付事例をまとめてみました

2016年12月27日

018-750

昨日発売された【Kトラパーツブック2017】と言う軽トラに関しての専門雑誌。

こちらの雑誌でNLAセレクトのLED作業灯を紹介して頂きました。
(NLAセレクトの作業灯は51ページで紹介されております)

雑誌で紹介されたNLAセレクトの作業灯を軽トラに設置した事例ですが実際にはもっと多くのお写真を頂いております。

それなので今回は【Kトラパーツブック2017】ではお伝え出来なかった軽トラへの作業灯設置事例の詳細版をお伝えして参ります。

【Kトラパーツブック2017】で紹介された軽トラ作業灯使用事例のご紹介

雑誌の中では27w・48w作業灯の2タイプの作業灯をご紹介して頂きました。今回ですが雑誌で紹介された「27w作業灯の点灯時の様子」(完全版)・「27w作業灯を設置された際の配線の様子」・「48w作業灯の点灯時の様子」(完全版)の3つに関してお伝えして参ります。

軽トラ2017で紹介されました

NLAセレクトの27w作業灯と48wが軽トラ専門雑誌「軽トラ2017」で紹介されました

軽トラへの作業灯設置事例のご紹介

【設置事例1】27w作業灯の点灯時の様子

まずは雑誌で紹介された27作業灯の設置写真の紹介ですが

軽トラック・荷台作業灯設置写真

軽トラ作業灯・後方照射

ちなみにですが、作業灯を点灯する前の状態は以下のような感じです↓↓

軽トラに設置した作業灯を 点灯する前の周囲の様子です

作業灯点灯前・軽トラの様子

軽トラに設置した作業灯を点灯する前の周囲の様子です

昼間の作業灯設置箇所の様子

昼間にも写真撮影をして頂きました
今回ですが昼間にも軽トラに作業灯を設置した様子を撮影して頂きました。

その様子に関してですが
img_00411-750

img_00431-750

軽トラ・作業灯設置事例(昼間撮影)

【設置事例2】27w作業灯を設置された際の配線の様子

次に軽トラに作業灯をどの様な形で取り付けているのか配線部分を中心に確認していこうと思います。

まずは荷台部分から撮影した写真です

軽トラ・作業灯配線写真

軽トラの荷台に設置した作業灯です。写真右上の部分に配線が繋がっております。

作業灯設置写真・配線部分拡大写真

作業灯を設置した部分のやや上に見える黒い線が作業灯の配線になります

軽トラ・作業灯設置の様子

軽トラに設置した作業灯の写真です。こちらの写真の様に必要に応じて作業灯の角度を変更する事も可能です

車内の様子を見てみると・・・

車内の様子の見てみると・・・

さて、こちらの配線に関してですが軽トラの車内でどの様になっているかと言いますと、この様な感じで配線を通しております。

軽トラ・車内の作業灯配線の様子

運転席側のシートベルトの傍から配線を下に通しております

軽トラ・作業灯バッテリー接続

電源に配線を繋げた歳の写真です

この様な形で配線を繋ぎ、最終的に運転席でスイッチにて作業灯の点灯をコントロールを行っております。

img_00311-750

【設置事例3】48w作業灯の点灯時の様子

さて今度は48wに関して詳しく見ていこうと思います。作業灯の設置箇所・設置数は先ほどの27w同様になります。

軽トラ作業灯・48w設置写真

軽トラに48w作業灯を設置した際の写真です。

軽トラ48w作業灯設置写真

雑誌でも紹介された軽トラに48w作業灯を設置した写真です。

軽トラ作業灯・配線を通す場所

48w作業灯を軽トラに設置した際の写真です。運転席後方に配線がを通すようになっております。

軽トラ作業灯・48w設置写真

48w作業灯を設置した軽トラを作業灯を中心にアップで撮影してみました。

27w作業灯と48w作業灯ですが明るさに関しては27wは1800ルーメンで48wは3200ルーメンとなっており、48w作業灯は27w作業灯の大体2倍の明るさとなっております。

その為、明るさが必要な際には48w作業灯を設置、若しくは27w作業灯を2個設置、ある程度の明るさが有ればOKと言う際には27wを一つ設置されるのが宜しいかと思います。
(ちなみにですが、48w作業灯を2荷台に2個設置されると言うお客様はNLAセレクトのお客様ではそれ程多くないようです。)

27w作業灯を軽トラの荷台に2個設置したケースです↓↓

軽トラ作業灯・点灯時写真

軽トラに設置した作業灯を夜間に点灯した写真です

【ワンポイント・アドバイス】

作業灯を軽トラに設置する際ですが「軽トラのボディに穴を開けたくないんだけどな~」と言うあなたに最適なのが作業灯用ブラケット。

軽トラのボディに穴を開けずに鳥居などのパイプ状の部分にブラケットを固定する事でLED作業灯をご使用頂く事が可能です。実際の使用時事例↓↓

軽トラ作業灯・ブラケット使用事例

軽トラに作業灯を設置する際にボディに穴を開けずに使用可能なブラケットを利用した際の様子です

作業灯ブラケット 使い方

両側から固定したい場所を挟むようにして取付を行います

LED作業灯向け設置用ブラケット

【まとめ】

今回ですが、軽トラ専門雑誌でご紹介頂いた軽トラへの作業灯設置事例に関して紹介して参りました。軽トラへのLED作業灯設置事例に関しては他にも以下の記事で詳しく紹介しております↓↓

軽トラックの荷台(鳥居)作業灯を取付けて夜間作業のサポート

これからあなたがお使いの軽トラにLED作業灯の設置をお考えの場合や実際に軽トラに作業灯を設置した際のイメージが知りたい場合などに是非ご参考にして頂けたら幸いです。

ブログトップ