18650リチウムイオン電池の非常時の活用法をまとめてみました

NLAセレクト・2200mAh/18650電池

18650電池をあなたはご存知でしょうか?

「単3電池と一緒でしょ?」

とたまに言われる事もある電池なのですが単3電池とは別の規格の電池です。こちらの18650リチウムイオン電池に関してなのですが当店で扱っている電池のリニューアルを行い、今までよりも性能がパワーアップいたしましたので今回詳しくお伝えして参ります。

非常用としてもOK リチウムイオン電池に関して

さて早速ですが18650リチウムイオン電池がどの様な電池なのか簡単にまとめると

1.充電をする事で繰り返し使える電池(充電池)
2.エネループ等の充電池と電圧が違う
3.メモリー現象が発生しない
4.長期間放置しても放電しにくい

それぞれの項目に関して詳しく見ていくと1に関しては電池の容量が空になった場合、充電器で充電を行う事で再度お使い頂く事が可能です。

ただ、一見エネループなどの充電池と同じように思えますが大きさが若干異なっており、通常の電池ケースには収まらないのでご注意ください。

18650電池長さ 写真

NLAセレクトの18650電池の写真です

18650電池 横幅確認写真

リチウム電池は通常の電池に比べて横幅があります。
その為通常の電池ケースに入らない事が非常に多いです

NLAセレクトの18650リチウムイオン電池ですが安全対策の為の保護回路を二つ搭載している関係で長さが通常のサイズより少しだけ長くなっております。

2に関しては電池の容量だけで言えばエネループとほぼ同じ程度ですが、電圧に大きな違いがあります。

エネループ・・・1.2V
NLAセレクト18650電池・・・3.7V

電圧が高い事で一度に流せる電力量が高くなり、強烈な明るさの懐中電灯の点灯も可能となります。

また、エネループ等の電圧ですとリチウム電池を前提とした製品で一度に供給できる電力量が不足してライトが点灯しない商品が一般的です(一部普通の電池でも点灯する商品があります)

1ヶ月に1度充電すればOK!18650リチウムイオンの取扱に関して

3のメモリー効果と言うのはニカド充電池、ニッケル水素充電池で起こる現象で、使い方によって容量が残っているにもかかわらず電池の電圧が通常よりも低くなる現象のことです。

メモリー効果は継ぎ足しの充電を行う事で発生しますが、リチウムイオン電池に関してはこの様な症状は発生せず、継ぎ足しの充電でも問題が無いという特徴があります。

さらに特徴4の充電池の自然放電は1か月後でフル充電の20%ほどで、およそ80%の電池残量を維持できます。
(安価なリチウムイオン電池は80%維持出来ない可能性もあります)

これら3と4の特徴を組み合わせると

1.リチウム電池をフル充電する
2.必要な時まで待機(直ぐに使用可能)
3.一定期間後に継ぎ足し充電をする(例えば1か月)

何も無ければ1か月に1度リチウムイオン電池の充電を行う事で電池の残量が常に80%以上の状態で使用する事が可能となります。

また、充電に関しても充電器に電池をセットして待つだけですので特に手間が掛かる事は無いです。

18650電池充電器 写真

18650電池を充電する為の充電器の写真です

18650電池・充電器の商品ページ

充電後のリチウムイオン電池の注意点ですが、リチウムイオン電池はは熱に敏感な商品です。充電後の常温での管理に関しては問題ありませんが、日中の車内に放置等をした場合、電池の温度が上昇・自然発火と言う可能性もございます。

当店の18650リチウムイオン電池に関しては保護回路を搭載し、温度上昇時に緊急で機能を停止する仕組みがありますが、通常の室温以上の場所での保管は行わない様に注意して下さい。
(特に他店の保護回路を搭載していないリチウムイオン電池をご使用の場合は発火・破裂リスクが非常に高まりますのでご注意ください)

【番外編】
リチウム電池を使って作業灯が点灯するのかテストしてみました

LED作業灯ですが、パワーツールのバッテリーを使って点灯させる方法を以前にお伝えしたのですが

パワーツール電池を使って充電式作業灯を作成!
作業灯にパワーツール電池をどうやって接続するの?

作業灯の対応電圧(12ⅴから24ⅴ)に対応している事もあり、こちらに関しては問題なく点灯、ご自身でポータブル作業灯をお作りになっているお客様もおりました。

LED作業灯を18650電池で点灯出来るかテストしてみました

「パワーツールのバッテリーで作業灯が点灯するなら18650電池はどうなんだろう?」

とお考えのあなた。NLAセレクトでも気になったので当店の18650電池を使って作業灯が点灯するかテストを行ってみました。

さて、18650電池を電源にした場合に関してですが1本あたりの規格に関しては

2200mAh/3.7V

ですので1本だけでは電圧が足りず、作業灯は点灯しないのですが3本以上を繋げた場合、

3.7v×3・・・11.1V

作業灯を点灯させるのに必要な12ⅴに近い電圧となります。

実際にどうなのかと言いますと・・・

27w作業灯・18650通電テスト

18650電池を使って
作業灯が点灯するかテストしました

この状態で端子を繋げてみるとこんな感じになりました↓↓

27w作業灯・リチウム電池点灯写真

18650電池を使って
27w作業灯を点灯させた際の写真です

テストを行った際の動画です(電池4本使用時)↓↓

更に48wでも点灯できるか確認してみたところ・・・

非常時などの際の作業灯と18650電池の活用方法としてご参考にして頂けたら幸いです。

今回のテストに使用した商品です↓↓
27wLED作業灯
18650リチウムイオン電池

【注意事項】
今回の通電テストで18650電池を使って作業灯が点灯できる事を紹介しましたが作業灯を点灯させる際には複数の18650電池が必要です。

ただ、電池の表記と実際の容量が異なる場合は点灯しなかったり、保護回路が無い場合は高温になった際に発火等も考えられますのでご使用する18650電池(リチウムイオン電池)にはご注意するようにして下さい。

まとめ

今回ですが18650リチウムイオン電池に関しての非常時の活用に関してお伝えしてきました。

1カ月に1度程度充電をしておけば何か有った際にもご利用頂く事が可能で、使い方次第ではLED作業灯を点灯したりする事も可能となっております。

18650電池を活用される際のご参考にして頂けたら幸いです。